子ども教育学部

小学校教諭「倉敷市公立小学校」勤務

上林 雅弘さん

上林 雅弘さん 子ども教育学部子ども教育学科小学校・特別支援学校コース 2015年度卒業岡山県立玉島高等学校出身

小学校教諭として子どもの成長する姿を間近で見られる喜びを実感しています。やりがいを感じるのは、授業で子どもたちが良い反応をした時です。いかに良い授業をするかは教員にとって生涯の課題。分かりやすく楽しい授業ができるよう毎日の教材研究に努めています。作陽は先生方と学生との距離が近く、何でも気軽に相談できる、私にぴったりの大学でした。皆さんも自分にしかできないことを見つけて頑張ってほしいと思います。

幼稚園教諭「津山市公立幼稚園」勤務

子どもの成長と深くかかわる保育は、様子をしっかり見るところから始まります。

田渕 美里さん

田渕 美里さん 子ども教育学部子ども教育学科保育園・幼稚園コース 2016年度卒業岡山県 明誠学院高等学校出身

津山市の公立幼稚園で4歳児の担任をしています。家庭等の経験により、ハサミやのり、粘土を触ったことのない子どももいます。みんなで一つずつ一緒に使って楽しく使い方を知っている状況です。活動としては、ハサミで好きなように画用紙を切り、ごちそうに見立てて並べて貼って遊びながら学んでいます。やりがいは、日々の生活の中で、子どもたちの成長や変化を見られることです。子どもたちの姿は、私の働くパワーの源です。

保育士「福山市公立保育所」勤務

子どもの思いを受け取れるよう、ふれあいを通して真剣に向き合っています。

根冝 夕貴子さん

根冝 夕貴子さん 子ども教育学部子ども教育学科保育園・幼稚園コース 2015年度卒業島根県立大田高等学校出身

福山市の保育所で0歳児の担任をしています。月齢差や個人差がある中で”子どもと一緒”を大切にふれあい、信頼関係を築いています。言葉が話せない分、仕草や表情、行動で一人ひとりの気持ちをきちんと受け取れるよう、真剣に向き合うことを心がけています。子どもの笑顔が見られるとうれしくて、自分も一緒に成長しているのを実感します。責任は重いですが、一日一日を大切にできる保育士という仕事に誇りを持っています。

  • 1