地域課題

倉敷における少子化と生産年齢人口の減少

regional-issues-img01.jpg明治以降、文化産業都市として発展してきた倉敷市は、今日、少子化が進み、人口減少が現実化しています。倉敷市第六次総合計画によれば、倉敷市の将来人口は、平成24年度をピークにその後減少傾向に転じることとなります。生産年齢人口は、年々減少し、平成32年には平成23年と比べて約2万2千人減少すると予測されています。他方、高年齢化率は年々増加し、平成32年には26.9%に達すると予想されています。

倉敷市第六次総合計画では、平成23年から10年間における倉敷市の基本的な方向性を示すもので、市民アンケートで重要と考えられた8つのまちづくりの理念をもとに、倉敷市のめざす将来像を「自然の恵みと ひとの豊かさで 個性きらめく倉敷」と描いています。

倉敷市の8つのまちづくりの理念と未来志向の地域課題

倉敷市が掲げる8つの街づくりの理念は、「安全・安心」「快適」「豊か」「優しさ」「はぐくみ」「共生」「躍動」「自律」です。このまちづくりの理念をもとに、倉敷市は、未来志向の47の地域課題を目指しています。

本事業では、この8つの街づくりの理念の中で、2大学のシーズを活かすことができる未来志向の重要課題として、①「安全・安心」②「豊か」、③「はぐくみ」、④「躍動」を基本理念として設定し、4つの理念に付随する地域課題の解決に取り組みます。また、倉敷市がこれからも持続発展可能な街として輝くために、倉敷の文化・価値観を継承し、地域のリーダーとして活躍できる地域人材の育成を行います。そして、2大学はこの事業を通して、優秀な若者と倉敷市の架け橋となり、倉敷の未来を担う若者の定住化促進に努めます。

まちづくりの理念