弦楽器専修

基礎から応用まで、きめ細かく、幅広い指導で技術の向上を目指します。

2017p56stringed.jpg

演奏技術の個人レッスンでは、必要に応じて美しい音色の基本となるボーイングやフィンガリングから丁寧に指導。テクニックの向上を目指す学生には、レパートリーを広げ、表現力を身につけ、アンサンブルや室内楽、管弦楽など、多様な演奏スタイルに対応できる応用力を養うためのプログラムを用意しています。また、多くの演奏活動に参加する機会もあり、定期演奏会や地域の各種施設でのイベントを通じて、日ごろの成果を発揮しています。

同じ楽器を学ぶ仲間が多く、とてもいい刺激を受けています。

コントラバスの学生が多いことが進学の決め手でした。高校の時から指導を受けていた先生に引き続き師事。授業で楽曲の形式を理解する力を身につけ、個人レッスンでそれを音楽的に表現する技術を学んでいます。また、仲間とグループを作って学外で演奏活動を行っていて、将来に向けて大きな力になると思っています。

松橋 江梨花 〈2年〉 徳島県立城ノ内高等学校出身