弦楽器専修(ハープ専修を含む)

ステージで日ごろの成果を発揮できます。

2017p48stringed.jpg

ソロやアンサンブルにおけるさまざまな作品にふさわしい演奏力を身につけるために、理にかなったボーイングやフィンガリングを基礎から確認して修得し、テクニックのレベルアップを図っていきます。また、弦楽合奏の演奏会や地域の各種施設でのイベントが日ごろの成果を披露する絶好の機会になっています。ハープ専修も高度なテクニックを身に付けられるよう充実したカリキュラムと講師が揃っています。

音楽をしっかり楽しく勉強したい人にぴったりの大学です。

弦楽器の授業は少人数なので、一人ひとりにつく力は大きいと思います。先生方の指導も熱心で、印象に残っている授業は合奏です。音楽に元気がなかった時、先生にグラウンドを走ろうと言われ、全力ダッシュ後に弾いたら活気がある音楽になったのを覚えています。音楽をしっかり楽しく勉強したい人にはぴったりの大学です。

田中 優希 〈4年〉 広島県立三原東高等学校出身