COC事業の概要

くらしき作陽大学と芸術科学大学は、文部科学省が実施する平成26年度「地(知)の拠点整備事業」(大学COC事業:Center of Community)に共同申請し、採択されました。事業名は、『文化産業都市倉敷の未来を拓く若衆育成と大学連携モデル創出事業』です。2大学は、地域志向の大学として、倉敷市と共に教育・研究・社会貢献の三位一体改革を推進し、様々な活動を通して、倉敷の未来を担う若者の育成や地域の産業発展に努めます。

また、本事業では、全く異なる学校法人の2大学が連携体制を構築します。くらしき作陽大学と倉敷芸術科学大学が、切磋琢磨と相互補完によって最大限の成果を創出することで、これからの地方大学の連携モデルとなることが期待されます。

さらに、倉敷市との連携体制を構築しながら、地域コミュニティにおける「知の拠点」を目指します。具体的には、倉敷市が掲げる街づくりのビジョンの8つの理念のうち、「安全・安心」「豊か」「はぐくみ」「躍動」の4項目を本事業の基本理念として設定しています。倉敷に誘致された大学としての使命を強く持って、地(知)の拠点として地域社会への責任を果たします。

COCの骨組みの図

COCとは…

文部科学省 地(知)の拠点

地(知)の拠点整備事業」(大学COC事業)とは、自治体を中心に地域社会と連携し、全学的に地域を志向した教育・研究・社会貢を進める大学等を支援するプロジェクトです。課題解決に資する様々な人材、情報、技術が集まる、地域コミュニティの中核的存在として、大学等の機能強化を図ることを目的としています。