他大学との連携

複数大学での連携する必要性と重要性

くらしき作陽大学は、県内唯一の音楽学部をはじめ、農業地帯の玉島を支える食文化学部、倉敷市内唯一の教員養成学部である子ども教育学部で構成されています。倉敷芸術科学大学もまた、県内唯一の芸術学部や、水島・倉敷市地域の企業を支える産業科学技術学部、生命科学部があります。このような、2大学の誇るシーズが、本事業において密に協働し事業を推進します。その結果、FD・SD活動の活性化や相互評価が促進され、大学の教育・研究の質保証を行うことができると考えています。そして、2大学は、文化産業都市倉敷の発展に資する拠点大学として、倉敷市の将来計画にも大きく貢献できると考えています。

自治体との関係及び学内実施体制

今年度より、本学にCOC事務局を設け、COC事業の専属員を配置すると共に、ホームページや専用メールアドレス(coc@ksu.ac.jp)により地域社会への連絡窓口を設置しました。地域との対話や地域をフィールドとした学生の教育、共同研究のサポート体制等を整備しています。また、学長のリーダーシップのもと、全学的・組織的な事業運営を図るため、FD・SD研修会等を通して学内体制を整備しました。

また、2大学と倉敷市が連携して運営する「COC運営委員会」を設置し、地域課題の解決に向けた意見交換や、地域のニーズに沿った教育・研究・社会貢献のあり方を対話・議論しています。さらに、第3者の有識者により構成されるCOC外部評価委員会を設け、運営状況や実績等の客観的な評価を行うことで、活動の洗練化と質的発展を試みています。

お問い合わせ

くらしき作陽大学 COC事務局

住所 〒710-0292 岡山県倉敷市玉島長尾3515
E-mail coc@ksu.ac.jp