邦楽(箏曲)専修

人間国宝である教授の指導を受け、伝統芸能の技と感性を養います。

2017p56japanese_music.jpg

邦楽が義務教育に取り入れられるなど、日本文化を理解、継承、発展させるための科目が必須になり、伝統芸能に長けた音楽教員の需要が高まっています。本専修は箏をメインに伝統芸能の技と感性を養うことができるカリキュラムを編成。実技はマンツーマンのレッスンが中心で、副科で三弦(三味線)などの受講も可能です。箏の指導者としての経験も持つ方が、さらなるレベルアップを目指して、より深く伝統芸能を学ぶために入学されるケースもあります。

幼い頃からの夢に向けて初めての楽器にも挑戦しています。

幼い頃から音楽が大好きで、祖母に勧められてお筝を始めました。続けるうちに、もっと深く学びたいという気持ちが強くなり、進学を決めました。人間国宝の米川文子先生、米川敏子先生のレッスンを受けられるのがうれしくて、筝曲演奏家を目指して楽しく学んでいます。これまで経験のない三弦(三味線)にも挑戦中です。

小倉 瑞季 〈2年〉  鹿児島県 屋久島おおぞら高等学校(KTC中央高等学院 岡山キャンパス)出身