子ども教育学部オープンセミナー

開講一覧

6月16日(日) 
『障がいのある子どもの保育について』

障がいのある子どもをはじめ、保育者には多様な子どもに対応する保育実践力が求められます。
模擬授業では、障がいのある子どもたちの現状について説明し、活動を通してその支援の基本についてお話します。

7月21日(日) 
『教育における絵本の読み聞かせの位置づけと方法』

私たちは乳幼児期に絵本や人形劇などを通して、「物語」に出会います。
そして、親や友だちや先生と心を通い合わせながら、その世界を楽しみ、育ちや学びを得ていきます。
実践も交えながら、保育や教育における絵本の役割について考えます。

8月8日(木) 
『弾き歌いにチャレンジ!』

歌は好き、でも歌うことは苦手なあなた、歌うことが好き、でもピアノをつけて歌うのが難しいあなたへ。
「歌うことが好きになれる筋トレ」、「ピアノが味方してくれる脳トレ」やってみましょう。

9月15日(日) 
『演習で学ぶ、子ども理解と援助 ~特別支援教育の考え方~』

皆さんにとって「いい先生」とはどんな先生でしょうか?
「いい先生」は子どものことをよく理解し、さりげなく1人1人に合わせて支援・援助されています。
先生・保育士になりたい学生が集まる子ども教育学部では、どんな授業を行っているのでしょうか?
その一部を皆さんに体験していただこうと思っています。

10月20日(日) 
『読み聞かせと言葉の発達』

大人が子どもに読み聞かせを行うことで,子どもの言葉の発達にどのような影響があるでしょうか。
また,読み聞かせを行う大人には何か変化があるでしょうか。教育心理学の知見に基づき,何がどのくらい変化するのか,それがどのようなメカニズムで起こるのか,解説します。

※都合により内容が変更になる場合があります。

・総合型選抜(AO)エントリーが可能です。
詳細はこちらをご覧ください。

 

チラシのダウンロード(PDFファイル)

kodomo2.jpg