子ども教育学部オープンセミナー

開講一覧(持参物:筆記用具(各回共通))

5月15日(日)
10:00 ~ 11:00『教育・保育のための心理学』
11:10 ~ 12:10『入試対策講座(小論文・プレゼンテーション)』

「心理学」と聞くと「教育や保育には関係ない」と思う人もいるかもしれません。しかし、子どものこと、保護者のこと、そして自分自身のことをより深く理解するために、心理学の考え方はとても役立ちます。
「子どもを理解し寄り添える教育者・保育者」になるために必要なことについて、心理学の観点から一緒に考えましょう。

6月19日(日)
10:00 ~ 11:00『特別な支援を必要とする子どもへの関わり入門』
11:10 ~ 12:10『入試対策講座(小論文・プレゼンテーション)』

特別な支援を必要とする子どもの数は増加の一途をたどっています。
子どもたちが持つ可能性を最大限に伸ばす支援とは?あらゆる現場で子どもに適切な支援ができる保育士や教員が求められています。
保育や教育を考えるうえで、今や必要不可欠な「特別支援教育」を一緒に学びましょう!

7月17日(日)
10:00 ~ 11:00『弾き歌い』
11:10 ~ 12:10『入試対策講座(小論文・プレゼンテーション)』

「弾き歌い」ってやったことがないと思っていませんか。実はだれもが小学校のときに習った鍵盤ハーモニカも弾き歌いなのです。
その息に声を乗せ、声に言葉を乗せたら歌の始まり。ピアノが苦手でも大丈夫な伴奏で、「弾き歌い」楽しんでみましょう。

8月7日(日)
10:00 ~ 11:00『不思議だな 調べてみよう』
11:10 ~ 12:10『入試対策講座(小論文・プレゼンテーション)』

教育で大事なことは「不思議だな」「調べたいな」という思いです。
「ピアノって、どうして、あんなに大きいの?」当たり前と思っていることの中にも、「不思議」がいっぱい隠されています。
びっくりおもちゃや風船電話を作って、不思議な音の世界にふれてみませんか。

9月18日(日)
10:00 ~ 11:00『きせつとなかよし あき』
11:10 ~ 12:10『入試対策講座(小論文)』

小学校の教科「生活科」の授業を担当しています。本日は、第1学年の秋の単元「きせつとなかよし あき」の模擬授業をします。
作陽大学内には、草木や花などの自然がいっぱいです。落ち葉やどんぐりを使って、おもちゃを作ってみんなで一緒に遊んでみましょう。

10月16日(日)
10:00 ~ 11:00『特別支援教育を学ぼう!』
11:10 ~ 12:10『入試対策講座(プレゼンテーション)』

全国の公立小中学校の通常学級に在籍する児童生徒のうち、人とコミュニケーションをうまく取れないなどの「発達障害」の可能性がある小中学生が、6.5%になることが、文部科学省の調査で分かりました。40人学級で1クラスにつき2~3人の割合になります。
特別支援に関する知識は、今、保育所や幼稚園、小学校、どこに行っても必要です。「よく分かる」特別支援教育を作陽で学びましょう!

11月20日(日)
10:00 ~ 11:00『障がいがある子どもの保育』
11:10 ~ 12:10『入試対策講座(小論文)』

保育園や幼稚園で生活する特別な支援を必要とする子どもの特性と保育の現状について解説します。
また、保育者(保育士・幼稚園教諭・保育教諭)が特別支援学校教諭免許を取得する意義について説明します。

12月18日(日)
10:00 ~ 11:00『めざそう! 小学校の先生』

小学校の先生は、主に学級担任として、子どもに寄り添い、子どもの成長に直接かかわるやりがいのある仕事です。
各教科の指導もしますね。ここでは、小学校の社会科の授業を具体的に取り上げながら、小学校の先生の魅力を紹介します!

2023年2月19日(日)
10:00 ~ 11:00『保育っておもしろい!』

乳幼児期の教育・保育は、子どもが人格形成の基礎を築く上で大変重要です。
子どもは毎日の園生活の中で様々なことやものに出会い、それらを習得することで自信や意欲を獲得し、その過程は、その後の自ら学びに向かう力へと繋がります。
本セミナーでは、その傍らにある保育者の保育の面白さや、やりがいについて紹介します。

※都合により内容が変更になる場合があります。

kodomo2.jpg