子ども教育学部オープンセミナー

開講一覧

5月16日(日)
10:00 ~ 11:00『心理学ってどんな学問?』
11:10 ~ 12:10『入試対策講座(プレゼンテーション) 読み聞かせ』

「心理学」と聞くと、皆さんはどのようなイメージを持たれますか?目の前の人の心を読むことができる?目の前の人の行動を予測することができる?あるいは、目の前の人をコントロールできる?これらは大きな誤解です。本セミナーでは、「心理学」とはどんな学問であるのかを、いくつかのトピックを紹介しながら概説します。

6月20日(日)
10:00 ~ 11:00『不思議だな やってみよう』
11:10 ~ 12:10『入試対策講座(プレゼンテーション) 読み聞かせ』

教育で大事なことは「不思議だな」「調べたいな」という思いです。「ピアノって、どうして、あんなに大きいの?」「なぜ、オルゴールって、箱に入っているの?」当たり前と思っていることの中にも「不思議」がいっぱい隠されています。びっくりおもちゃや風船電話を作って、不思議な音の世界にふれてみませんか。

7月18日(日)
10:00 ~ 11:00『弾き歌い』
11:10 ~ 12:10『入試対策講座(小論文)』

「弾き歌い」ってやったことがないと思っていませんか。実は、だれもが小学校のときに習った鍵盤ハーモニカも弾き歌いなのです。その息に声を乗せ、声に言葉を乗せたら歌の始まり。ピアノが苦手でも大丈夫な伴奏で、「弾き歌い」を楽しんでみましょう。

8月7日(土)
10:00 ~ 11:00『特別な支援とは?』
11:10 ~ 12:10『入試対策講座(プレゼンテーション) 読み聞かせ』

「特別な支援」とは何でしょう?それは理由に応じた関わりです。実際に、具体的にいくつかの事例をあげ、「何でだろう?」「どうしたらいいのだろう?」を、体験しながら考えてみましょう。本学には特別支援教育が実践的に学べる「特別支援教育ラボ」があります。その紹介もしたいと思います。

9月19日(日)
10:00 ~ 11:00『特別な支援を必要とする子どもへの関わり入門』
11:10 ~ 12:10『入試対策講座(プレゼンテーション) 読み聞かせ』

特別な支援を必要とする子どもの数は増加の一途をたどっています。子どもたちが持つ可能性を最大限に伸ばす支援とは?あらゆる現場で適切な支援ができる教員が求められています。今や必要不可欠な「特別支援教育」を作陽で学びましょう!

10月17日(日)
10:00 ~ 11:00『特別な支援を必要とする子どもの保育』
11:10 ~ 12:10『入試対策講座(プレゼンテーション) 読み聞かせ』

保育園や幼稚園で生活する特別な支援を必要とする子どもの障害特性と保育の現状について解説します。また、保育者(保育士・幼稚園教諭・保育教諭)が特別支援学校教諭免許を取得する意義について説明します。

11月21日(日)
10:00 ~ 11:00『子どもが「マンマ」と話すまで ~乳児期から始まる言葉の発達とその支援~』
11:10 ~ 12:10『入試対策講座(小論文)』

私たちはおよそ1歳頃に初めて意味のある言葉を話すと言われます。では、言葉の発達の支援はそこから始まるのでしょうか?いいえ、そうではありません。生まれてすぐに始まる言葉の発達の道のりとその支援について、概要を学びましょう。赤ちゃん向けの楽しい絵本も紹介します。

2022年2月20日(日)
10:00 ~ 11:00『よく分かる特別支援教育を、作陽で学びましょう。』

特別支援教育に関する知識は、特別支援学校や特別支援学級のみならず、今や、保育所や幼稚園、小学校、どこに行っても必要です。「教育の原点」とも言われている特別支援教育を、あなたも作陽で、分かりやすく学びませんか。

2022年3月21日(月)
10:00 ~ 11:00『「子ども」っておもしろい!』

幼児期の子どもには、大人とは違う発達の特性があります。大人からすると、そこが子どもらしさであり、おもしろく魅力に感じるところです。大人と子どもの違いは何?「子ども」のおもしろさ、「保育」のおもしろさをお伝えします!

※都合により内容が変更になる場合があります。

kodomo2.jpg