教育文化コース

音楽教育(ピアノ、
声楽、管・打、弦)専修

指導力と演奏技術を兼ね備えた音楽教員を教育現場へ送り出します。

中学校・高等学校教諭一種免許状が取得可能なカリキュラムを編成。音楽指導者の育成に主眼をおきながら、ピアノや声楽、管楽器や打楽器といった各種楽器の演奏技術の向上を目指せるシステムが本専修の特色です。吹奏楽などのアンサンブルの経験を通して総合的な指導力も養成。ここ数年は現役での教員採用試験合格者も輩出するなど、多くの卒業生が教職に就いています。ほかにピアノの指導者、楽器店の音楽指導者として活躍している卒業生も多いです。

音楽の専門科目や教職科目を幅広く学べるところに魅力を感じています。

中学校教諭を目指す私に、本コースのカリキュラムが合っており、進学しました。音楽科教育演習では、実際に地域の小学校へ訪問演奏に行きます。子どもたちの笑顔を見るたびに、やりがいを感じています。授業やレッスンなど、先生方のご指導は実になるものばかりです。一人ひとりが将来の夢に向かって、のびのびと学べる大学だと思います。

北村 優衣〈2年〉高知県立岡豊高等学校出身