演奏芸術コース

作曲・指揮専修

実際のステージで実践力に磨きをかけるチャンスも期待できます。

本学で指揮や作曲を学ぶ魅力は実践のチャンスが身近にあることです。学内にある音楽ホールで年間多くのコンサートを開催する中、タクトを振る、または自分が手がけた曲を演奏会で取り上げてもらうといったチャンスとの出会いも期待できます。これまでに渡邉暁雄先生、岩城宏之先生という日本が誇る指揮者を音楽監督として迎え、現在は池辺晋一郎先生が音楽最高顧問に就いています。卒業生には作曲家や編曲家、音楽教員、全国の主要プロ・オーケストラで活躍する指揮者もいます。

さまざまな進路へ進めるようにサポートしてもらえて助かっています。

練習環境が整い、音楽に集中して取り組めると考えて進学しました。作曲を主に、音楽のさまざまなジャンルや楽器について学べるカリキュラムが魅力です。教職を取る一方で、コンピュータを使った楽曲制作の基礎を学ぶ授業を聴講。将来の選択肢を広げています。

上薗 茜〈4年〉 岡山県立井原高等学校出身