演奏芸術コース

管楽器・打楽器専修
(吹奏楽指導専修を含む)

高度な技術の修得に加え、マーチング指導者への道もひらけます。

基礎から応用まで、個々の習熟段階に合わせてレッスンを中心にした授業を展開。アンサンブルや吹奏楽、オーケストラなど、多彩な演奏形態やステージの経験を積む機会も用意しています。また、各専修ともマーチングに関する授業の充実がポイント。「日本マーチングバンド協会」の指導者ライセンス取得も可能です。卒業生には吹奏楽に長けた人材も多く、プロの演奏家はもちろんのこと中学校や高等学校教員として吹奏楽部を率い、全国大会への出場を果たしています。

専修実技のレッスンや演奏の機会を通して、この大学に来てよかったと思います。

講習会などで、尊敬する奏者である長瀬敏和先生のレッスンを重ね、音楽性と説得力のある指導に惹かれました。これがきっかけで、先生のような奏者、指導者になりたいと思い、作陽に進学しました。マンツーマンレッスンでの「苦手を克服しようと頑張るのは良いけれど、そればかりでなく、良いところをもっと良くしようと意識して」という言葉が心に残っています。

佐佐木 綾音〈3年〉 熊本県立天草高等学校出身