食文化学部

家庭科教諭「備前市立片上高等学校」勤務

子どもの自立に役立つ家庭科を誇りを持って教えられる仕事は天職。

前田 望美さん
岡山県立総社高等学校出身

「食べることが好き」という気持ちが「食」への関心となり、さらに広がって家庭科教師という道につながりました。家庭科を教えることに、私は誇りを持っています。子どもの自立に必ず役立つ科目だからです。同時に子ども好きなので、つくづく幸せな仕事に就いたと思います。これまで卒業生も送ってきましたが、彼らとの関係は「卒業したら終わり」ではありません。延々と続き、年々積み重なっていく、ありがたい仕事です。

保育園栄養士「社会福祉法人昌和福祉会 千田保育所」勤務

子どもたちの言葉を頑張れる力の源に、つらいことも乗り越えています。

柏原 亜衣さん
広島県 盈進高等学校出身

本学在学中は、栄養士や家庭科教諭、フードスペシャリストなど幅広い分野について学ぶことができました。現在の仕事は、子どもたちの給食とおやつを作ることです。献立作成や食材の発注、月1回の食育指導も受け持っています。「おいしかったよ」「ありがとう」など、子どもたちの声を聞けることが、毎日頑張れる力の源です。失敗などつらいこともありますが、子どもたちの笑顔からパワーをもらい、乗り越えています。

食品関連企業「アヲハタ株式会社」勤務

栄養から流通まで広範囲に学べ、進路選択の幅が広がりました。

正図 七衣さん
広島県立賀茂高等学校出身

食品全般に興味があり、栄養から梱包、流通まで学べる学科に興味がわき、本学に入学しました。本学科は外部との交流を多く持つ環境が特色で、外部講師による講義も興味深い内容でした。商品開発サークルで地域の方とも交流でき、視野が広がりました。卒業後、ジャム類で国内トップシェアの食品製造企業に勤務。ジャム工場で原料管理を担当しています。原料管理担当の仕事は責任重大ですが、やりがいも大きいです。

食品関連企業「株式会社 鎌倉パスタ ビストロ309」勤務

在学中に得た資格や知識、技術に支えられ、入社2年目で店長に。

福田 真弓さん
岡山県立瀬戸高等学校出身

将来、調理の仕事に就くために、「食」を幅広く学べる本学に進学。在学中に食品衛生管理者の資格を取得し、衛生管理、食品保存、調理などを学びました。これらの資格や知識、技術が追い風になり、入社2年目で新店の店長に任命されました。当初は不安でしたが、予想を上回る売り上げで、今も順調です。この好調はスタッフ全員の支えがあってこそと感謝しています。今後も皆が気持ちよく働ける店にしていきたいです。