教員紹介

弦楽器

江島幹雄

江島幹雄

特任教授/ヴィオラ・室内楽・オーケストラ

アンサンブルで融和し令和の時代に羽ばたいていきましょう!

音楽における学びとは、技術面のみならず、精神面での学びにこそ奥深いものがあります。ことにアンサンブルを学ぶことで、協調性・人間性の深化・個人が全体に及ぼす責任の重要性を身につけることができると考えます。
私が担当するヴィオラ・弦楽合奏・管弦楽の授業を通し、将来社会に出ていく学生諸君が学ばなければならないそうした基礎力を磨いてほしい、社会に出た後の糧となる充実した学生生活を送ってほしい、心からそう願っています。

東京藝術大学音楽学部卒業。同大学院音楽研究科修了。ヴィオラを内田博、浅妻文樹、井上武雄、ウィリアム・プリムローズの各氏に師事。室内楽を海野義男、ルイ・グレーラー各氏に師事。また指揮法を山田一男氏に師事する。東京都交響楽団ヴィオラ奏者として活動の後作陽音楽大学(現くらしき作陽大学)に赴任。この間コンチェルトのソリストや数多くの室内楽の演奏会に出演する。1982年より18年にわたる「アルシェ弦楽四重奏団」のベートーヴェン全曲演奏会や2001年3月の「国立ブルガリア室内オーケストラ」との共演はその卓越した技巧と豊かな音楽性が高く評価されている。 一方指揮者として「作陽弦楽合奏団」、「マルチェロ室内合奏団」の常任指揮者を歴任。1984年に「倉敷ジュニア・フィルハーモニーオーケストラ」の設立に参加、以来常任指揮者及び音楽監督を務め青少年の音楽教育に情熱を傾けている。2018年3月に倉敷市立短期大学学長職を退任後くらしき作陽大学音楽学部特任教授に着任。現在、倉敷ジュニア・フィルハーモニーオーケストラ音楽監督、倉敷アカデミーアンサンブル常任指揮者、アンサンブル早島音楽監督、くらしき作陽大学音楽学部特任教授。

※随時更新予定