演奏芸術コース

弦楽器専修
(ハープ専修を含む)

ステージで日ごろの成果を発揮できます。

ソロやアンサンブルにおけるさまざまな作品にふさわしい演奏力を身につけるため、理にかなったボーイングやフィンガリングを基礎から確認して修得し、テクニックのレベルアップを図っていきます。また、弦楽合奏の演奏会や地域の各種施設でのイベントが日ごろの成果を披露する絶好の機会になっています。ハープ専修も高度なテクニックを身につけられるよう充実したカリキュラムと講師が揃っています。

管弦楽や室内楽では、仲間と一緒に演奏する楽しさを感じています。

作陽には姉が在籍し、倉敷ジュニアオーケストラの活動を通じて何度もキャンパスに来たことがあり、ここで勉強したいと思っていました。師事したい先生もいらっしゃいます。授業では実技だけでなく和声学やソルフェージュなど基礎から学んでいます。テクニックに加え表現力の指導も受け、改善点とたくさんの改善策も探して教えてもらっています。

長谷川 安美〈2年〉 岡山県立玉野高等学校出身