演奏芸術コース

弦楽器専修
(ハープ専修を含む)

ステージで日ごろの成果を発揮できます。

ソロやアンサンブルにおけるさまざまな作品にふさわしい演奏力を身につけるため、理にかなったボーイングやフィンガリングを基礎から確認して修得し、テクニックのレベルアップを図っていきます。また、弦楽合奏の演奏会や地域の各種施設でのイベントが日ごろの成果を披露する絶好の機会になっています。ハープ専修も高度なテクニックを身に付けられるよう充実したカリキュラムと講師が揃っています。

周りに同じような夢を持つ人がいることは励ましになり、恵まれた環境だと思います。

師事する先生は技術面以外にも、人としての成長を通して表現力を身につけられるよう、さまざまな角度から改善策を探してくださいます。管弦楽や弦楽合奏の授業では、それぞれに合った細やかな技術や表現方法を学べています。周りに同じような夢を持った人がいることは自分の意欲や励ましになり、同級生や先輩、先生の音楽への熱意に毎日刺激を受けています。

石倉 衣里子〈2年〉 広島県 福山暁の星女子高等学校出身