演奏芸術コース

弦楽器専修
(ハープ専修を含む)

ステージで日ごろの成果を発揮できます。

ソロやアンサンブルにおけるさまざまな作品にふさわしい演奏力を身につけるために、理にかなったボーイングやフィンガリングを基礎から確認して修得し、テクニックのレベルアップを図っていきます。また、弦楽合奏の演奏会や地域の各種施設でのイベントが日ごろの成果を披露する絶好の機会になっています。ハープ専修も高度なテクニックを身に付けられるよう充実したカリキュラムと講師が揃っています。

自分のように音楽を好きな子どもたちを増やしたいです。

高校の吹奏楽部で始めたコントラバスを、もっと深く学びたいと思い、本学へ進学しました。先生方の熱心な指導で、音楽技術の向上はもちろん、音楽の専門的な勉強をできるので、音楽の楽しさを追求できます。将来は楽器を演奏している子どもたちに、音楽をもっと好きになってもらえる教育者と演奏家を目指しています。

早藤 洋月〈2年〉 岡山県 明誠学院高等学校出身