ABOUT 大学概要

くらしき作陽大学のポリシー

本学のディプロマ・ポリシー

くらしき作陽大学は、ディプロマ・ポリシーとして、下記の「学士力」を修得することを目標としています。

  • 建学の精神を体得し、豊かな人間性と知性を基盤に、多様な人々とコミュニケーションができる。
  • 修得した専門的知識と技術を活用して、課題を発見し解決できる。
  • 目標を掲げて主体的に学び続け、「自利利他」の精神で社会に貢献できる。

本学のカリキュラム・ポリシー

くらしき作陽大学では、ディプロマ・ポリシーの達成のために、教養教育、専門教育、キャリア教育において下記のようなカリキュラム・ポリシーで教育課程を編成します。

  • 建学の精神に基づく宗教的情操教育を通して豊かな人間性と感性を育み、社会、自然、文化および社会的・自然的多様性などへの理解を深め、思考力、情報活用力、コミュニケーション力を身につける教養教育を行う。
  • 各学部・学科独自の専門的知識と技術を系統的に学ぶとともに、地域における学修を通して課題解決できる実践力を身につけ、生涯にわたって自己の成長を促すための専門教育を行う。
  • 職業人として必要な自律性、ならびにチームで協働できる社会人力を身につけるためのキャリア教育を行う。

本学のアドミッション・ポリシー

くらしき作陽大学では、本学のディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシーに基づいて、下記のような人を受け入れます。

  • 本学の建学の精神のもとに人間形成に努め、学ぶ意欲のある人
  • 学修に必要な専門的技術や基礎学力を身につけている人
  • 目標をもって努力を続けることができる人

本学のアセスメント・ポリシー

くらしき作陽大学は、「学校法人作陽学園 寄付行為細則 第6条」に基づき、大学のディプロマ・ポリシー達成状況についてカリキュラム・ポリシー及び アドミッション・ポリシーに鑑みて、機関、教育課程、科目における学修成果の評価を実施し、教育改善に活用することとする。

音楽学部

音楽学部のディプロマ・ポリシー

  • 建学の精神を体得し、豊かな人間性と知性を基盤に、多様な人々とコミュニケーションができる。
  • 修得した音楽に関する専門的知識と技能を活用して、課題を発見し解決できる。
  • 目標を掲げて主体的に学び続け、音楽に関する専門的能力を生かし「自利利他」の精神で社会に貢献できる。

音楽学部のカリキュラム・ポリシー

  • 建学の精神に基づく宗教的情操教育を通して豊かな人間性と感性を育み、社会、自然、文化および社会的・自然的多様性などへの理解を深め、思考力、情報活用力、コミュニケーション力を身につける教養教育を行う。
  • 音楽の理論と実技、ならびに演奏法や指導法などについて系統的に学ぶとともに、地域における学修を通して課題解決していく実践力を身につけ、生涯にわたって自己の成長を促すための専門教育を行う。
  • 音楽に関する専門的能力を生かした職業人として必要な自律性、ならびにチームで協働できる社会人力を身につけるキャリア教育を行う。

音楽学部のアドミッション・ポリシー

  • 本学の建学の精神のもとに人間形成に努め、学ぶ意欲を持つ人。
  • 音楽に関する学修に必要な専門的技術と基礎学力を身につけている人。
  • 音楽に関する専門的能力を生かした職業人を目指す人。

食文化学部

食文化学部のディプロマ・ポリシー

  • 建学の精神を体得し、豊かな人間性と知性を基盤に、多様な人々とコミュニケーションができる。
  • 修得した食に関する専門的知識と技術を活用して、課題を発見し解決できる。
  • 目標を掲げて主体的に学び続け、食文化に関する専門的能力を生かして「自利利他」の精神で社会に貢献できる。

食文化学部のカリキュラム・ポリシー

  • 建学の精神に基づく宗教的情操教育を通して豊かな人間性と感性を育み、社会、自然、文化および社会的・自然的多様性などへの理解を深め、思考力、情報活用力、コミュニケーション力を身につける教養教育を行う。
  • 食に関する専門的知識と技術を系統的に学ぶとともに、地域における学修を通して課題解決していく実践力を身につけ、生涯にわたって自己の成長を促すための専門教育を行う。
  • 食に関する職業人として必要な自律性、ならびにチームで協働できる社会人力を身につけるキャリア教育を行う。

食文化学部のアドミッション・ポリシー

  • 本学の建学の精神のもとに人間形成に努め,学ぶ意欲のある人。
  • 食に関する学修に必要な基礎学力を身につけている人。
  • 食に関する専門的能力を生かした職業人を目指す人。

子ども教育学部

子ども教育学部のディプロマ・ポリシー

  • 建学の精神を体得し、豊かな人間性と知性を基盤に、多様な人々とコミュニケーションができる。
  • 修得した保育、教育、および子育て支援に関する専門的知識と技術を活用して、課題を発見し解決できる。
  • 目標を掲げて主体的に学び続け、子どもの保育と教育に関わる職業人として「自利利他」の精神で社会に貢献できる。

子ども教育学部のカリキュラム・ポリシー

  • 建学の精神に基づく宗教的情操教育を通して豊かな人間性と感性を育み、社会、自然、文化および社会的・自然的多様性などへの理解を深め、思考力、情報活用力、コミュニケーション力を身につける教養教育を行う。
  • 保育、教育、および子育て支援に関する専門的知識・技術を系統的に学ぶとともに、地域における学修を通して課題解決できる実践力を身につけ、生涯にわたって自己の成長を促すための専門教育を行う。
  • 子どもの保育と教育に関わる職業人として必要な自律性、ならびにチームで協働できる社会人力を身につけるためのキャリア教育を行う。

子ども教育学部のアドミッション・ポリシー

  • 本学の建学の精神のもとに人間形成に努め,学ぶ意欲のある人。
  • 保育,教育,および子育て支援に関する学修に必要な基礎学力を身につけている人。
  • 子どもの保育と教育に関する専門的能力を生かした職業人を目指す人。

大学院音楽研究科

大学院音楽研究科のディプロマ・ポリシー

大学院音楽研究科は、下記の目標に達した学生を修了と認め、修士(音楽)の学位を授与します。

  • 建学の精神を体得し、豊かな人間性と高度の音楽的知識・技能や研究能力を身につけている。
  • 深い専門知識と豊かな独創性を備えた音楽人として主体的に学び続け、「自利利他」の精神で学術の進歩、社会の発展に貢献できる。

大学院音楽研究科のカリキュラム・ポリシー

大学院音楽研究科では、ディプロマ・ポリシーの達成のために、下記の2項目を主眼とする教育課程を編成しています。 

  • 理論と実践の調和を図りながら、高度の専門的能力と独創的研究能力を涵養・伸長する。
  • 社会における音楽文化の役割の重要性を認識し、そのニーズに柔軟に応えつつ啓発する力を身につける。

大学院音楽研究科のアドミッション・ポリシー

大学院音楽研究科での学修・研究に必要な専門知識、研究能力および意欲を有し、かつ各領域・専攻で必要とされる資質・態度を有する人。