音楽専攻

邦楽(箏曲)専修

人間国宝である教授の指導を受け、伝統芸能の技と感性を養います。

邦楽が義務教育に取り入れられるなど、日本文化を理解、継承、発展させるための科目が必須になり、伝統芸能に長けた音楽教員の需要が高まっています。本専修は箏をメインに伝統芸能の技と感性を養うことができるカリキュラムを編成。実技はマンツーマンのレッスンが中心で、副科で三弦(三味線)などの受講も可能です。箏の指導者としての経験を持つ方が、さらなるレベルアップを目指して、より深く伝統芸能を学ぶために入学されるケースもあります。

人間国宝の教授をはじめ、素晴らしい先生方と一緒に演奏できるのは貴重な経験です。

箏の先生になるために、演奏技術の向上を目指しています。曲を分析し、どんな感情で弾けばよいか、どうすればきれいな音を出せるかなどを学びました。山田流の佐野満穂先生はじめ、素晴らしい先生方が丁寧に教えてくださる上、人間国宝の教授に指導を受ける機会もあります。毎年恒例の邦楽演奏会で、立派な先生方と一緒に演奏できたのがうれしかったです。

孟 雲峰〈2019年度卒業〉 留学生